ウニ踏んだ ブログ

とどろのライフハック
スポンサーリンク
とどろ
とどろ

今日はいつにも増してどうでもいいブログです。

実はこのブログ、3代目。

初代:10数年前に留学&就活ブログ。記事数約 約40

2代目:数年前に雑記。 記事数約 40

3代目:このブログ 記事数約40

なにか大きい出来事があるとブログを始める癖があるようです。

が、おおかた40記事ほどで力尽きています。

今日、そんなちょいちょいブログを読み返してみました。

 

とどろ
とどろ

書いておいて良かったな。

と思います。

その当時の気持ちがフラッシュバックして胸が熱くなります。

特に留学ブログ。

泣きそうです。

 

で、初代ブログと2代目ブログのアクセス解析見てみると、

このブログより未だにPV取れてるんですよ。

完全放置なのに・・・。

いや、まじか・・。

更に一番PV取れてるのが、表題の「ウニ踏んだブログ」

とどろ
とどろ

どんだけみんなウニ踏むねん。

いや「ウニ」って・・・。

 

確かにウニ踏んだら焦りますからね。

行楽シーズンに海のリゾートに行く方は気を付けてください。

特にリーフの場所なんかはね。

せっかくなんでウニを踏んだ際の応急処置の仕方、おさらいしておきます。

スポンサーリンク

ウニを踏んだら

見た目はものすごいグロテスクな画になります。

足から黒くて長い棘が突き出してる感じ。

焦って抜こうとしても無駄です。

ウニの針はかぎ針のように返しがついているので、

棘がぽきぽき折れるだけで、まず抜けません。

まず落ち着いてください。

第一段階

深呼吸してから、飛び出している棘を全て折ります。

これが第一段階。

※ここからは、ハワイのローカルさんに習ったやり方なんで、

信じる人だけやってみてください。

あくまでも応急処置です。

第二段階

手元に消毒液などが無い場合は、自らの体内から消毒液を絞り出します。

そうです。「おしっこ」です。

まんべんなく患部に振りかけてください。

消毒代わりです。

ウニの種類にもよりますが、棘には毒を含むものもあります。

毒が無くても、海の生物独特の雑菌がいるので、初期の消毒は大切です。

第三段階

酢を買いに行きます。

これが一番つらいです。

足に棘が刺さったままで歩くんでとにかく辛いです。

酢を買ってきたら、大き目のビニール袋、もしあれば風呂桶に

ドボドボと足が浸かるまで入れます。

それからその中に足を突っ込みます。

それで30分程待ってください。

ウニの棘がやや溶けているはずです。

第四段階

後は足を酢漬けにすることを毎日繰り返すだけです。

私はハワイでウニが刺さったので、

ホテル近くのABCstoreに酢を買いに行きました。

その時、店頭にある分の酢を全て買い占めたので、

「そんなにたくさん酢を買ってどうするの??ドラッグでもやってるの??」

と聞かれたのはいい思い出です。

「いやいや足にウニが刺さってるんだよ」

と言ったら、納得の顔をしていました。

※因みに英語でウニは「ヴァナ」と言います。この単語、多分一生忘れません。

足の酢漬けを繰り返して、私が普通に歩けるようになったのは、

約1カ月後です。辛い1カ月でした。

 

最後に

一番いい方法は病院へ直行することです。

間違いありません。

なんで私がその時病院へ行かなかったかというと、

おしっこをかけることを教えてくれたローカルさんが

「病院なんて行ったら、足をほじくり返されるだけだよ(*´▽`*)」

なんて言うもんで、怖くなって行かなかったんです。

もし、旅行中に私のようにウニを踏んでしまう事があれば、

こういった応急処置の方法もあるんだ。

という事を頭の片隅に入れておいてもらえればと思います。

とどろ
とどろ

あの瞬間は今思い出しても鳥肌物。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました