英会話の勉強方法。もう高価な教材なんていらない。

英語学習
スポンサーリンク
とどろ
とどろ

Excuse me・・・・

ここ数年、どこの街にいっても海外の方が増えてきましたね。

急に話かけられてドギマギすることなく、

サラッと会話をしたいものですね。

オリンピックもすぐそこまで来てます。

今日は超個人的な英語の学習方法のご紹介です。

この方法で、海外出張もなんとか乗り切っています。

このインターネットが発達した時代。

高価な英語学習用の教材なんて無くてもスマホがあれば簡単な

「意思疎通」くらいならできるようになります。

それではご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

リスニング編

兎にも角にもリスニングです。

リスニング、リスニング、リスニングです。

会話をするうえで、先方が何を伝えたいか。を分からないと会話が成立しません。

そして、相手が何を言っているかわからないと焦ります(*´▽`*)

さて、リスニングをどう鍛えるか。

こうします。

高価な英語教材は一切必要ありません。

1、お気に入りの映画やドラマを見つける

出来れば再生時間の短いドラマがいいかと思います。

最低でも2回はみることになるので、

飽きずに見ることができる、気に入ったものが良いです。

もちろん英語圏の物ですよ(*´▽`*)

アニメなんかでももちろんOK。

とりあえず探しましょう。

ポイントは、英語字幕のついている作品を探すことです。

因みに英語字幕に対応しているストリーミングサービスは

・hulu

Hulu - 人気映画やテレビ番組がお手軽に見放題
Huluでは、ハリウッド映画や人気海外ドラマなどのプレミアムコンテンツをテレビ、パソコン、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスでも、いつでもどこでもご覧いただくことが可能です。月額1,026円(税込)ですべてのタイトルが見放題。

・netflix

Netflix (ネットフリックス) 日本 - 大好きな映画やドラマを楽しもう!
Netflix (ネットフリックス) で映画やドラマをオンラインでストリーム再生! スマートテレビ、ゲーム機、PC、Mac、モバイル機器、タブレットなどでお楽しみいただけます。

です。

先ずお気に入りの作品を探しましょう。

決まりましたか??

 

2、普通(日本語字幕で)に見る

それでは楽しみましょう。

普通に見ちゃいましょう。

もうポップコーンでも食べちゃいましょう。コーラもお忘れなく。

ただ、ここで重要な事が一つ。

できるだけ

「誰が」

「どこで」

「何を話したか」

これをできるだけシーン毎に頭の中にたたみ込みます。

全部はまず無理なので、ポイントポイントで覚えるようにします。

3、英語字幕に切り替えてもう一度見る

さてここからは本番です。

先程まで日本語字幕で見ていた作品を、英語字幕に切り替えます。

英語字幕で見ながら、先ほど「ポイントポイント」で覚えた日本語字幕を、

頭のなかでフラッシュバックさせていきます。

先にエピソードを知っている分、英語だけでも割とスムーズに意味が入ってきます。

※ここ重要。

このシーンは、大体こういうことを言っているんだな・・・

と日本語と英語を合致させていく作業です。

3、英語字幕もオフにして作品を見る。

1と2は「目」と「耳」に頼った作業でしたが、

この字幕をオフにする作業では、完全に「耳」だけを頼りにすることになります。

リスニング本番ですね。

1と2の作業をすっ飛ばして、いきなりここから入ると何を喋っているのか

チンプンカンプンになっちゃいますが、

これまでの作業で、ある程度ストーリーの予習が出来ているので、

英語だけでも何となく意味が分かるはずです。

この「何となくわかる」が大事。

完全にわからなくても良いので、1~3を何度か繰り返して、

「なんとなく分かるポイント」を増やしていきましょう。

飽きたら作品を変える

何度も同じ作品を見ていたら飽きますからね。

飽きたら変えちゃいましょう。

作品を変えてもやることは一緒です。

日本語字幕→英語字幕→字幕オフ

これを繰り返すだけ。

最後は英語のニュースもしくはアニメを見る。

さて、一日に何度か上記の事を繰り返したら、

最後の締めでCNNニュースや、アニメを見てみましょう。

なぜか。

とどろ
とどろ

発音が綺麗で聞き取りやすいんです。

発音の質が全然違います。

アナウンサーが喋っている言葉から、分かる単語をピックアップしていきましょう。

もしかすると、最初はほとんどピックアップできる単語もないかもしれませんが、

何度も何度もこの一連の作業を繰り返していくと、

分かる単語がドンドン増えていきます。

こうなればしめたもの。

とどろ
とどろ

どこかのタイミングで飛躍的に伸びます。

喋ってみる編

リスニングと並行して、少しづつ英語を口から吐き出していくことに慣れましょう。

喋る方はもう「慣れ」で何とかなります。

ネイティブのような会話を目指すのであれば話は別ですが、

片言でも意外と通じるものです。

想像してください。

海外の方が、一生懸命に片言の日本語でしゃべりかけてきます。

イマイチ何を言っているのかわかりません。

そんな時どうしますか?

一生懸命聞きとろうとしますよね??

何を言おうとしているのか必死で探りますよね??

英語もおんなじです。

一生懸命に何かを伝えようとすれば、相手も何とか理解しようとしてくれます。

1、英語を喋る自分に慣れる

その日覚えたフレーズや単語を、できる限り発音をまねて喋ってみましょう。

喋ることでインプットされたものが、より強力に頭に残るようになります。

最初はちょっと恥ずかしいですが、最初だけです。

英語を喋っている自分に慣れましょう。

頭の中で考えることを英語でやってみる

普段考え事って頭の中でも「日本語」で考えますよね??

それを英語でやってみましょう。

これは効果絶大です。

1人だろうが人混みだろうが、だれにもバレずに英語の学習ができます。

そして、たくさんの

これって英語でなんて言うの??

が出てきます。

そしたら、調べるだけです。今はスマホもあるのでその場で調べる事が出来ますからね。

本当にいい時代になりました。

喋る編はこれくらいです。

兎に角、頭の中を英語にしましょう。

とどろ
とどろ

いつの日か寝ている間に見る夢も英語になってますよ。

本当に。

まとめ

これまで書いてきたことは私が実践してきたことです。

もちろん中学、高校で英語の授業を受けていましたが、

いざという時にそれが使えるかというと話は別。

頭が英語に「慣れていない」ので、瞬時に言葉が出てこないんです。

ただ一度慣れ始めると、中学の時に習った英語がドンドン生きてくるのがわかります。

片言で十分ですからね。私は片言です。

何度も言いますが、コミュニケーション用の英語は「慣れ」です(*´▽`*)

教材に高いお金を使わずに、スマホで何とかしちゃいましょう。

世界中の人が日本を訪れる大きなお祭りまで残すところ後1年。

せっかくなら色々な国の方とコミュニケーションを取りたいですね!!

 

英文読解編はこちら↓
https://namagusabose.com/2019/06/01/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E5%AD%A6%E7%BF%92%E3%81%AB%E9%AB%98%E4%BE%A1%E3%81%AA%E6%95%99%E6%9D%90%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%82%E8%8B%B1%E6%96%87%E8%AA%AD%E8%A7%A3/

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました