履き心地が悪いその靴。インソールで改善してみては??

スニーカー
スポンサーリンク

見た目は満点。履き心地は赤点。

そんな靴ってありますよね?

本当は履きたいのに、履き心地を考えるとちょっと歩き回るのを敬遠してしまような靴。

処分してしまおうかな・・・。

なんて思っていませんか?

とどろ
とどろ

ちょっと待ってください!

そのお悩み、靴によっては「インソール」を変えるだけで劇的に変化します。

 

スポンサーリンク

「靴によっては」変えられる。相性の悪い靴もあります。

基本的には極上のインソールを仕込めばどんな靴でも履き心地が改善されます。

割といいお値段の靴を買ったとしても、インソールが貧弱な靴って本当によくあるんです

世の中にはインソール専門店があるくらいですから、

インソールは本当に大事なパーツの一つなんです。

※アスリートの方だと、インソールを特注する方も多いんですよ!

クッション性はもちろんの事、ねじれを防いで安定感が増します、

ただし残念ながら、インソールを仕込むことに向かない靴があるのも事実。

ローカットでインソールが取り外せない靴

インソールを仕込む事が出来ない(難しい)代表的な靴で言うとこちらです。

コンバース オールスター

体重の軽い方だと、特に履き心地の悪さは気にならない。という方もいらっしゃいますが、

私にはもうオールスターはとても無理です。

履き心地を改善しようとインソールを入れてみたこともあるのですが、

インソールの厚みのせいで、靴の中でのカカトの位置が高くなってしまいます。

結果、歩くたびにスポスポとカカトが靴から抜けてしまい、

非常に歩きにくくなってしまいました。

デフォルトで入っているインソールを取り外しできればいいのですが、

オールスター(REACT、海外企画の物を除く)に関してはそれが出来ません。

ビジネスシューズ(革靴)

本当は革靴にこそ仕込みたいですよね。良いインソール。

ですが私の経験上、こういった革靴(ビジネスシューズ)と

インソールの相性は決して良くありません。

そもそも革靴はスニーカーに比べるとサイズ選びが非常にシビアなため、

サイズ選びを間違えてしまうと、履き心地の改善は非常に難しくなってしまいます。

つまり、シビアにサイズを選ぶとインソールを入れるサイズの余裕なんて無いはずなんです。

ちょっと大きめを買って、インソールを入れたらいいんじゃない?

とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、

おススメしません。

ソールの返りが極端に悪くなってしまう事に加え、

カカトの位置がインソールの厚みで合わなくなってしまうので、

歩行中に靴が脱げやすくなってしまいます。

足にも、靴にも大きな負担がかかるのでやめておきましょう。

どんな靴なら後付けのインソールと相性が良いのか

先に後付けのインソールと相性の悪い靴をご紹介しましたが、

それでは相性の良い(見た目を損なわずに、履き心地を改善できる)靴。

というのはどういった物になるのか見ていきましょう。

※個人的な感想を多分に含みます。

ハイカットのクラシックなバッシュ

完全に個人の趣味ですが、このジャンルの靴を買うと、もれなくインソールも一緒に買います。

アディダス プロモデル

ナイキ エアジョーダン1

他にもコンバーズのウェポンやナイキのダンクなど、

こういった類のスニーカーとの相性は抜群です。

元々履き心地が決して良いとは言えない物が多いこのジャンルですが、

インソールを変えると劇的に変わります

また、デフォルトのインソールが取り外せるのであれば、

インソールを交換すれば良し。

例え外せないとしても、こういった靴であれば1サイズ大き目を買って、

中にインソールを仕込む事も可能です。ハイカットなので踵が抜ける心配もありません。

ランニングシューズ

newbalance 990

asics gel quantum 360 5

当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが、

ランニングシューズの類は、良いインソールとの相性が抜群です。

ほとんどの物がデフォルトのインソールを取り外せるようになっているので、

履き心地に違和感を感じたら交換してみる事をお勧めします。

大事なのは交換することです。

ランニングシューズに関しては、デフォルトでついているインソールの上に、

サイズを合わせるためにインソールを一枚かませる。というような事はお勧めしません。

ただでさえクッションが効いているランニングシューズに、

更にクッション性のあるインソールを加えてしまうと、ソールが柔らかくなりすぎてしまいます。

柔らかければいいんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、あまりにソールが柔らかすぎるとと安定性が無くなり、

逆に足に疲労がたまってしまいます。

インソールは使用目的で様々

一言でインソールと言っても、使用目的で様々な種類の物が販売されています。

使用用途に合った物を購入するようにしましょう。

衝撃吸収タイプ

普段使いの靴に使うには使用用途としては最も多いのがこのタイプ。

衝撃吸収を目的とした、クッション性の高い物。

偏平足矯正用インソール

私の娘が偏平足気味で、病院の先生に使用をおススメされたのが偏平足矯正用インソール

こんなのあるなんてそれまでは知りませんでした。

※こういった使用目的の方は、専門店で相談されるのがいいかと思います。

オーダーメイドで作成してくれる店舗もあります。

店舗案内 | オーダーメイドインソールと靴を提案する足の専門店「足道楽 - あしどうらく」
店舗案内 全店共通 営業時間:10:00~19:00定休日:当面の間は全店無休 ※店舗により異なる場合がございます。営業カレンダー でご確認下さい。 お知らせ 新型コロナウイルス感染拡大防止とお客様の安全確保のため、全店予約制とさせていただいております。(受付時間 10:00~18:00)当日予約も可能です。 ご予約専...






足の蒸れ対策用のインソール

靴によっては蒸れのひどい物もありますよね?

あの嫌な蒸れを軽減するためのインソールです。

履き心地がイマイチの靴を改善してみましょう!

せっかくデザインが気に入って購入した靴も、

履かなければただの肥やしです。

履き心地がイマイチでちょっと敬遠しているような靴が有れば、

是非一度インソールを導入してみてください。

履き心地が改善されれば、肥やしになっていた靴が

毎日履くお気に入りの一足になるかもしれませんよ

タイトルとURLをコピーしました