AVIOT TE-D01b (加筆有り)

おすすめのイヤホン
スポンサーリンク

通勤の必需品

快適な通勤を支えてくれてる

AVIOT TE-D01b

です。

最近、AVIOTから新商品出てますね。

気にしません。

気にしないようにしてます。

とどろ
とどろ
気になります。

とどろです。

さて私のTE-D01b

ですが、実は購入後にちょっとしたトラブルがありました。

トラブルの内容ですが、

音楽を聴く

ケースにしまう

数時間放置

音楽を聴くために装着。

バッテリー切れ!!

これが頻繁にあったんです。

ケース自体のバッテリーはしっかり残ってるのに、

イヤホン本体に充電されていないんですね。

こうなると、10分くらいケースに収納して充電すればまた使えるんですが、

使いたい時にすぐに使えないストレスが半端なくてですね。

メーカー(バリュートレード)さんに問い合わせました。

すると、翌日には返答があり、

いくつか

「こういった方法試してもらえませんか?」

といった改善策を教えてくれました。

しばらくそれを試してみたもののやはり使えない。

再度メーカーさんに連絡。

するとやはり翌日にはしっかり返信があり、

「着払いで送ってください。こちらでテストをしてみます」

との事。

レスポンスが早いのは非常に好感が持てます。

会社の仕事は可能な限り延ばし延ばしでやる私ですが、

事、自腹切ったものに関しては、とにかく早く片付けてしまいたく翌日には発送。

発送から2日でまたメーカーさんより連絡がきました。

「バッテリー不良のため、交換します」

との事。

とどろ
とどろ
バッテリー不良って、本体?イヤホン?

とは思いましたが、交換してくれるので有れば、まぁいいかと思い到着を待ちました。

そして翌日には交換品が到着。

なのでこちらから商品を送ってからおよそ3日で交換品が届きました。

本来、不良品が出ないのが大前提ではありますが、

万が一不良品が出ても、こうやってスピーディーにやってくれるのは、

非常に信頼できますね。

日本のメーカーならではでしょうか。

さて以上は、この商品の使用感というよりも、

むしろメーカーの評価に近いかもしれません。

スポンサーリンク

以下、TE-D01bについて書いていきます。

先に使いにくいな・・と思った点から。

2点あります。
4月3日加筆。3点になります。

ちょっと使いにくいところ

画像を見てください。

画像①

画像②

このイヤホン本体の形状ですが、

コロコロとしていてまるでドングリのようです。

ケースから取り出すときや、耳から取り出すときにちょっとつまみにくいです。

画像①のようにつまむ形になるんですが、

何の引っ掛かりも無いので、たまに滑るんですね。

女性の繊細な指であれば問題ないのかもしれませんが、

なんせ私は「とどろ」繊細さの欠片もありません。

滑るとどうなるかというと、

床に落ちてドングリコロコロになるんですよ。

結構コロリます。ちょっと頂けない。

次に、本体についている物理ボタン。

画像②のAVIOTロゴがプリントされている面がボタンになっていて、

このボタンで、再生、停止、曲送り、曲戻しの4つのオーダーが出せるんですが、

このボタンがちょっと硬くて押しにくい。

ボタンをグッと押すと、イヤホンを耳にグッと押し付ける感じになって、

耳に結構な負担がかかります。

これが気持ち悪いんですよ。

なので、このボタンはほとんど使いません。

以上の2点がこの2,3か月使っていて

「ちょっとな・・・」

と思った点です。

追記:
バッテリーケースの底面ですが角取りをしていないので、エッジが立っています。
注意しないと指切りそうです。てか切りました。

4月26日

もう一回指切りました。

どこまで何が切れるか今度試してみます。

良い点

先ずやはりバッテリーの持ち。

これが最強です。

私のスマホはmotog6で、Snapdragon450を搭載の物です。

なので、AVIOTが謳っている連続再生時間9時間の恩恵は受けることができません。
※Snapdragon845を搭載している必要があります。

それでも国内の出張や日々の外回りで使用していても、私の使用環境では何の問題もありません。

ペアリングがスムーズ。

初回のペアリングも概ねスムーズだし、

それ以降もやはり楽ですね。

ケースから出してペアリング、ケースにしまって解除というのは、

他の物でも共通かもしれませんが、

トゥルーワイヤレスのイヤホンにして非常に気に入っている部分です。

防水。

ipx7相当の防水対応との事で、

この時期にはそこまで気にすることでは無いですが、

夏の汗グショグショになる時期や、

急な雨に降られても、大丈夫な設計です。

ココは新商品のTE-D01dよりも優れている点です。

汗っかきの私には必須の条件。

音。

メーカーの謳うジャパンチューンというのはよくわかりませんが、

長時間つけていても、疲れない音です。

たまに、「音が大きすぎる」といったレビューも見ますが、

スマホ本体の設定ではないのかな?と思います。

私の場合は音を最小にすれば聞こえないくらいにボリュームが絞られるので

まったく問題になりません。

また付属のイヤーピースでspinfitというもの物がついてくるのですが、

こいつは結構優れものです。

耳にぴったり吸い付いてくれるおかげで、低音もバッチリです。

遅延

動画や映画で気になる遅延はほぼありません。

ゲームはあまりしないのですが、

DTM(デスクトップミュージック)アプリでは、

かなりの遅延が発生していたので、そういった作業には向かないように思います。

2019年3月27日加筆

私の使っているスマホmotog6がAndroid9にアップデートされ、

少しだけ印象が変わったので加筆します。

・人混みでの音切れがやや増えたようです。

また特に人が多くない場所でもたまに切れるようになっています。

ただストレスになるほどではありません。

・バッテリーの持ちがさらに良くなった。

これも肌感覚ですが、さらにバッテリーライフが伸びているように思います。

本当に充電してません。大丈夫?ってくらい。でも大丈夫です。

以上2点がスマホのシステムアップデート後に少し変わったかな?

というところです。

2019年4月3日更に追加、

いつのまにかバッテリー残量が表示されるようになっていました!

地味に嬉しい(*´∀`*)

以上、AVIOT TE-D01b

を紹介してきました。

今後、トゥルーワイヤレスイヤホンを選ぶうえで、

これが基準になってくるのかなと思います。

気になる方は是非試してもらいたい商品です。

とどろ
とどろ
一度使っちゃうともう・・・(*´▽`*)
2019年5月13日
他のAVIOT製品との比較を書きました
AVIOT ワイヤレスイヤホン比較
とどろおいおいAVIOT色々出してんな。こんばんはとどろです。途切れにくい、連続再生時間の長いトゥルーワイヤレスイヤホンを作っている日本のブランド「AVIOT」色々な口コミを見ていてもかなり「音」に関しての評判は良いです...
タイトルとURLをコピーしました