街で着るモンベルのダウン。ダウンはこれが有れば他は要らない!

ファッション
スポンサーリンク
以前はデザイン面に難点あり・・。

な事が多かったことも事実。

ですが、ここ数年で大きく変わり始めています。

とどろ
とどろ

デザインのアップデートには目を見張るものがあります!

スポンサーリンク

mont-bellのパーマフロストライトダウンパーカ。

800フィルパワーの高品質ダウンです。

気になる方は是非サイズが有る内に買ってください。

このブログを見る時間が有るのであれば、

直ぐに試着に行くことをおススメします!

シーズン真っ只中になるといつも売り切れます。

「ダウン」て悩みますよね?

値段が高い。

だから失敗したくない。

悩む。

結局買えない。

みたいな無限ループに陥いりませんか?

ノースフェイスやパタゴニアといったアウトドアブランドから、

ファッションブランドのダウンを色々と「街着」として試してきた私ですが、

コレは間違いなく自信をもっておススメできます。

【モンベル】パーマフロスト ライトダウンパーカ Men's
さまざまな天候で活躍する軽快な着心地のダウンパーカです。表地には優れた防風性と防水透湿性を備えた「ゴアテックス インフィニアム™ ウインドストッパー® ファブリクス」を使用し、高品質800フィルパワー・EXダウンを封入しています。アウターとしての機能を備え、さまざまなシーンで活躍します。※シームテー...

お値段は22,800円(税抜き)です。

が、おそらく5万円以下のダウンの中では、

頭一つ飛びぬけて優秀なダウンです。

パーマフロストライトダウンパーカをおススメする理由

なぜこれをおススメするか?

「圧倒的なコスパ」

この一言に尽きます。

とどろ
とどろ

いい意味で価格と機能面がつりあっていません!

一言で終わらせちゃうと、全然伝わらないので、

少し細かくご紹介いたします。

従来のダウンの弱点といえば?防風性です。

高いダウンを着ているのに

何だか寒いんだよな・・・。

と思う事ありませんか?

意外ですがダウンの弱点て、実は風を通しやすい事なんです。

意外ですよね?

特にアウトドアブランドのダウンジャケットは、

保温のみを目的として設計されている物が多く、

防風性を確保するのであれば、

ダウンジャケットの上からさらにシェルジャケットを着用することで、

その機能が最大限に活かされるように設計されている場合があります。

遂に見つけた!オーバーサイズで着るGORE-TEXのジャケットの決定版!
最近のGORE-TEXのマウンテンパーカって細身のものが多くて、どうもしっくりこない・・・。ここ数年はそんな悩みをがありました。ふと訪れたショップでそんな悩みを伝えたところ、店員さんがおすすめしてくれたジャ...

そのため、防風性の無いダウンジャケットの場合、

その縫い目から風が侵入し、

風の無い室内では、暑いほど熱を発するのに、

一度外に出て、冬の北風にさらされると、

せっかくダウンから発生した熱が、全て持っていかれてしまうんです。

パーマフロストライトダウンパーカは防風性も備えています。

対してこのパーマフロスト ライトダウンパーカですが、

表面の生地に、ゴアテックス インフィニアムウインドストッパーを採用。

GORE-TEX INFINIUM™ WINDSTOPPER® ガーメント
防風耐久性、耐水性、透湿性を兼ね備えている GORE-TEX INFINIUM™ WINDSTOPPER® のジャケットがあれば、いざというときにも快適。あらゆる環境やシーンに合うスタイリッシュなデザインです。

ウインドストッパーの名はダテでは有りません。

このダウン1枚で保温性、防風性を兼ね備えています

首都圏であれば真冬でも、このダウンの中はロンT1枚を着る程度で充分。

※因みに、同じくmont-bellのクリマエアジャケット

【モンベル】クリマエアジャケット Men's
適度に体にフィットし熱気がこもりにくいため、中間着として高いパフォーマンスを発揮するジャケットです。脇と袖口にストレッチ素材を使用しているので抜群に動きやすく、運動量の多いアクティビティでも快適な着心地です。

をインナーに着ると鬼に金棒です。

耐水性、強度も優れています。

先ほども書いた、

ゴアテックス インフィニアムウインドストッパーの恩恵で、

防風面はもちろんの事、耐水性、透湿性にも優れていて、

中の水分(汗や蒸れ)は外に逃がし、外からの多少の雨であれば弾いてくれます。

また、バリスティックナイロンの為、

耐久性の面でも強度に優れていて、

従来のナイロン生地に比べ、約2倍の強度が有ります。

とどろ
とどろ

どこかにひっかけて破れて羽がフワフワ・・・なんてこともありません

また、画像のように、ジッパーは止水ジッパーを採用。

ファスナーの隙間から水も、風も通しません。

軽い!そして楽

これだけ表面の生地がしっかりしているのにも関わらず、

着心地は軽い。とにかく軽いです。

ウールのコートなんて着れなくなっちゃいますよ。

重量はおよそ430g。

一度袖を通したが最後。このダウンから離れられません。

とどろ
とどろ

妻が気に入って勝手に着ていったりするくらいです。サイズあってないのに・・。

見逃せない、首回り~フード

首回り~フードにかけての設計。

ココは私にとって重要なポイント。

首が太目の私。物によってはファスナーを一番上まで上げられないことがあるんです。

コレは一大事。

とどろ
とどろ

風の強い日などは首回りが寒くてたまりません。

ですが、このパーマフロストライトダウンパーカで有れば大丈夫。

シッカリと頂点まで上げられるので、マフラー要らずです。

また、ジッパーを上まで上げた状態でフードを被ると、

体感温度で3度は変わります。

真冬のディズニーランドの行列でも大丈夫。

細部にこだわるのが本家

明らかにこのダウンジャケットに似せた商品が、

某国内メーカーよりは発売されていましたが、

やはり細部をみれば違いは明らか。

例えば、画像の黄色い〇で囲った部分。

某メーカーはジッパーの頂点にカバーをつけていません。

このカバーが無いと、金具が当たってヒンヤリしたりするんです。

アゴヒゲをはやしている方。特にこのカバーは必須ですよね。

このカバーがないとヒゲがジッパーに挟まってイライラするそう

追記:

今年のモデルはシッカリこのフラップ。ついていました!

長く着用できるシンプルなデザイン

好きです。シンプルなデザイン。

この数年でmont-bellのデザインが劇的に良くなってきてると思うのは

私の気のせいでしょうか?

以前は「これ何色?」

と思うような、正直ビミョーな色を使う事が多かった、モンベルですが、

この数年は色味も変わり、デザインがしっかりとアップデートされています。

ウエアはもちろんですが、小物関係も目を引くものが増えています。

 着用サイズは??

174㎝ 73㎏で、Mサイズを着用しています。

インナーは薄手の物を着用するとしてジャストサイズです。

尚、このジャケットをオーバーサイズで着用することはおススメしません

オーバーサイズで試着してみたところ、物凄い違和感が発生しました。

形状がややスリムなため、丈と、袖だけが非常に長い見た目となり

非常に不格好になります。

3シーズン目に突入します!

このダウンを購入してから、こればっかり着るので、

他に2着持っていたダウンは手放しました。

内1着はパタゴニアのダスパーカ。

こちらも名作との呼び声が高いモデルですが、

パーマフロスト・・・に比べると、かさ張るし、ちょっと重い。

そのため既に2シーズンはダウンはコレ1着で乗り切っています。

それでもまだヘタリも無くコンディションは万全。

これから3シーズン目に突入しますが、

この冬もこいつに

頼り切ることになりそうです。

mont-bellのコートが完全に「営業マン仕様」だった!!
ウールのコートって重くて肩こりません?? ダウンだと仕事用にはモコモコしすぎてスマートじゃないし。 結局キルティングジャケットに落ち着いたりするんですけど、 それももうちょっと飽きた・・。 そんなこんなで通勤用のコー...
タイトルとURLをコピーしました