10数年連れ添った「俺の」ダナーライト。そのサイズ感と魅力!

とどろの10年選手
スポンサーリンク

わたくし「とどろ」が10数年連れ添った名作。

ちょっと重いのがたまに傷ですが、

雨の日も雪の日も。そんな辛い日にこそ足を守ってくれるそんな相棒。

DANNER (ダナー)のダナーライト

重さなんて何のその。

就職して初めてのボーナス(寸志)を足しにして買った、

思い入れのある一足です。

当時はかなり無理をしての購入でしたが、無理をしてでも買ってよかったと

今だからこそ思える、そんな逸品です。

スポンサーリンク

DANNER LIGHTとは。

簡単にご説明します。

1980年に世界で初めて靴にGORE-TEX®を採用したハイキングブーツ。

誕生から約40年が経つ今でもなお、ポートランドの工場にてハンドメイドで製造されている。

ソールにはVibram®クレッターリフトを採用し、高い摩耗性、グリップ性を確保している。

※一部ダナーオフィシャルホームページより抜粋

やや大き目です。

物にもよりますが、普段履いているスニーカーからワンサイズから

ハーフサイズ程下げるのがベターです。

私のダナーライトは

・US9(27.0CM)

・ワイズ(幅)EE

ですが、ダナーライトにはインソールが元々ついていないので、

上記のサイズの物にインソールを入れています。

インソールの使用に関しては色々な意見が有りますが、

インナーのGORE-TEX®保護の為、私はインソール使用派です。

正直これでもサイズ少し間違えたか?と思っています。

本来私にとってのベストは

US8 1/2(26.5cm)+インソール

もしくは

US8(26.0cm) インソール無し

です。

※インソールの使用で、概ねハーフサイズ程サイズ感が変わってきます。

参考までに私が普段履いている他の靴のサイズを置いておきます。

  • newbalance M1400 27.0cm ワイズD (EEより細めです)
  • newbalance 990v3 27.0cm ワイズD
  • puma suede 27.5cm
  • NIKE cortez 27.5cm
  • adidas stansmith 27.5cm
  • adidas busenitz 27.5cm
  • VANS オーセンティック 27.0cm
  • クラークス ワラビー us8
  • クラークス デザートブーツ us8
  • Dr.MARTENS チェルシーブーツ us9 (ペダックのインソール使用)

DANNER LIGHT (ダナーライト)の魅力

色々とダナーライトを語るうえでウンチクになるようなことはあるんですが、

発売から何十周年だとか、ステッチダウンだとか、MADE IN USA だとか、

そんな細かいことはどうでも良いんです。よりも単純に、

とどろ
とどろ

タフです!

とにかくタフ。

ダナーライトの魅力はこの一言に尽きるのではないでしょうか。

  • 雨の中、雪の中? → 問題有りません。防水です。
  • 夏蒸れる? → 透湿です。案外蒸れません。
  • ソールがすり減った?? → 交換すれば復活。交換しましょう。
  • 手入れ?? → きれいすぎるダナーはカッコ悪い。ブラシでもかけておきましょう。
  • 革が固くなった? → 指でデリケートクリーム塗り込みましょう。ミンクはNG。

とにかく汚れなんか気にしないで、ガシガシ履き込んでこそ、

輝きだす「タフ」なブーツです。

タフな見た目に反して「ソフト」な履き心地。

「ガシガシ履いて、味出してなんぼ」の漢のブーツ。

そんなダナーライトですが、

その履き心地は、武骨なその見た目からは想像もできないほどソフト

歩行時に、地面から足に伝わる感覚は、スニーカーのソフトさと比べても遜色有りません。

※ただし、サイズだけは必ず足に合った物を着用してください。

このソフトな履き心地は、購入した当初から、10数年経った今でも変わっていません

スニーカーなら、そろそろ加水分解を起こす年月ですからね。驚異的です。

因みにソールは一度張り替えています。

それでもソフトな履き心地には変わり有りません。

育ち続けるハイテクブーツ

無骨な見た目のクセに、実はインナーにGORE-TEX®を採用したハイテクブーツ。

このGORE-TEX®がダナーライトの売りの一つである

防水透湿」(外からの水は防いで、内側の湿気は外に逃がす)を実現しているわけですが、

そんなハイテク素材を使用していながら、

ブーツを「育てる楽しみ」も提供してくれるんです。

ダナーライトの経年変化は、面白いですよ。

最初は革がガチガチですが、育ってくると、

気が付いた時には足に吸い付くようにフィットし始めます。

 

GORE-TEX®搭載のブーツと言うと、

こんなのとか、

こんなので、

(これはこれで私、大好物なんですが)

所謂「育てる」とはまた違ったベクトルのブーツになるんですね。

ダナーライトは

とどろ
とどろ

「渋い見た目」と「機能性」が両立!

されている珍しいブーツなんです。

手入れも簡単。

ドレスシューズのように磨き上げて履くような靴ではなく、

傷や汚れも「アジ」として存分に楽しむブーツなので、

それほど気を付けるような事はありません。

普段の手入れは、

ブラッシング+防水スプレー

で充分です。

が、アッパーの革が乾燥してカサカサになってきたら、

デリケートクリームを指で塗り込んであげましょう。

手入れに関しては、後日別で記事にしようと思います。

過去10数年、未来も10数年楽しめる靴

合計20年程楽しめるのではないでしょうか。

20年ですよ?

60000円だとしても、日割りすれば

60000円÷7300日=8.21円

とどろ
とどろ

1日10円以下です!!

どんどん表情が変わっていくブーツ。

ナイロン部分の色は経年変化で色褪せていき、

革がドンドン育つ。

育て方は履き方次第、ケア次第。

とにかく楽しみが多いブーツです!!

 

タイトルとURLをコピーしました