10数年連れ添った「俺の」ダナーライト。そのサイズ感と魅力!

サイズ感
スポンサーリンク

10年を超えても余裕で現役のスーパーブーツ。

ちょっと重いのがたまに傷ですが、雨の日も雪の日も。

そんな辛い日にこそ足を守ってくれるそんな相棒。

履きこんでクッタリとなってきたたたずまいがなんとも言えず素敵です。

ダナーライト 正面
ちょっと乾燥気味。後ほどクリームを入れた画像が出てきます。

DANNER (ダナー)のダナーライト

この記事を書いた人
とどろ

以前カナダで地元のお店専属の古着ピッカーをしていました。
現アラフォーのサラリーマンです。これまでに過去に所有した靴はスニーカー、革靴を問わず百数十足。
楽ちんなことには目がありません。

とどろをフォローする

重さなんて何のその。

クッションの効いたソールは、時にスニーカーの履き心地を上回ります。

就職して初めてのボーナス(寸志)を足しにして買った、思い入れのある一足です。

とどろ
とどろ

10年以上たった今でももちろん現役!とにかくタフです!

スポンサーリンク

DANNER LIGHT(ダナーライト)とは。

MADE IN USAを貫くダナーライト

ダナーライト フラッグ
made in USAのタグがシビれます。

ダナーライトの成り立ちを簡単に紹介します。

1980年に世界で初めて靴にGORE-TEX®を採用したハイキングブーツ。

誕生から約40年が経つ今でもなお、ポートランドの工場にてハンドメイドで製造されている。

ソールにはVibram®クレッターリフトを採用し、高い摩耗性、グリップ性を確保している。

※一部ダナーオフィシャルホームページより抜粋

とどろ
とどろ

「made in usa」はやはり惹かれます。

合わせて読みたい
ダナーライト 着用画像
少しサイズが大きいので紐で締めあげています。

スニーカーと比べるとやや大き目。

対象物にもよりますが、普段履いているスニーカーからワンサイズ~ハーフサイズほど下げるのがベター。

普段履いているスニーカーはほとんどが27.5㎝ですが、

私が現在履いているダナーライトのサイズは

  • US 9 (27.0㎝)
  • ワイズ(幅) EE

です。

ただ、これはちょっと大きすぎました。

とどろ
とどろ

中敷きを入れて紐をぎりぎりまで締め上げて使用しています。

私の足の具体的なサイズ

筆者 足データ
筆者の足データ(ZOZOMATで計測)

本来私にとってのベストサイズは以下の通り。

  • インソール無しの場合→US8 1/2 (26.5cm)
  • インソール使用の場合→US8(26.0cm)

※インソールの使用で、概ねハーフサイズ程サイズ感が変わってきます。

ダナーライトにはインソールが元々ついていません。

インソールの使用に関しては色々な意見が有りますが、インソールがないとインナーのGORE-TEXがむき出しになってしまい、日々の使用によってダメージが蓄積されます。

私はインナーのGORE-TEX保護のためにもインソールを使用しています。

参考までに私が普段履いている他の靴のサイズを置いておきます。

他に私の履いている靴のサイズ感はこちら

DANNER LIGHT (ダナーライト)の魅力

色々とダナーライトを語るうえでウンチクになるようなことはあるんですが、

発売から何十周年だとか、ステッチダウンだとか、MADE IN USA だとか、

そんな細かいことはどうでも良いんです。よりも単純にタフ。

とどろ
とどろ

新品よりも、履きこんでクッタリとなる風合いが最高の漢のブーツ!

ダナーライト 正面
ナイロン部分の退色も魅力の一つ

ダナーライトの魅力はこの一言に尽きるのではないでしょうか。

ダナーライトがいかにタフか。
  • 雨の中、雪の中?
    →問題有りません。防水です。
  • 夏蒸れる?
    →透湿です。案外蒸れません。
  • ソールがすり減った??
    →交換すれば復活。交換しましょう。
  • 手入れ??
    →きれいすぎるダナーはカッコ悪い。
    ブラシでもかけておきましょう。
  • 革が固くなった?
    →指でデリケートクリーム塗り込みましょう。ミンクはNG

とにかく汚れなんか気にしないで、ガシガシ履き込んでこそ輝きだす「タフ」なブーツです。

タフな見た目に反して「ソフト」な履き心地。

「ガシガシ履いて、味出してなんぼ」の漢のブーツ。

履き始めの「革」は硬いですが、馴染んでくると足を優しく包み込むような履き心地に変化します。

ダナーライト ソフト
履きこむことでガチガチだった革がなじみます。

そんなダナーライトですが、地面から伝わる履き心地は、想像もできないほどソフト

歩行時に、地面から足に伝わる感覚は、スニーカーのソフトさと比べても遜色有りません。

※ただし、必ず足に合ったサイズの物を着用してください。

この履き心地は、購入した当初から、10数年経った今でも変わっていません

スニーカーなら、加水分解を起こして履けなくなってもおかしくない年月ですからね。

とどろ
とどろ

10年を超えても尚、エイジング(経年変化)に終わりがないのがブーツの楽しみでもありますよね?

ソールは一度張り替えています。

それでもソフトな履き心地に変わりはありません。

育ち続けるハイテクブーツ

無骨な見た目のクセに、実はインナーにGORE-TEX®を採用したハイテクブーツ。

GORE-TEXがダナーライトの売りの一つである
防水透湿」(外からの水は防いで、内側の湿気は外に逃がす)を実現しているわけですが、

そんなハイテク素材を使用していながら、
ブーツを「育てる楽しみ」も提供してくれるんです。

ダナーライトの経年変化は面白いですよ。

ワークブーツなので手入れもざっくりでOK。

最初は革がガチガチですが、育ってくるにしたがって、足に吸い付くようにフィットし始めます。

GORE-TEX®搭載のブーツと言うと、

こういった見た目のシューズが多いですが、

(これはこれで私、大好物なんですが)

ダナーライトは男くさいタフな見た目と、
機能性が両立されている珍しいブーツなんです。

廉価版「ダナーフィールド」も捨てたもんじゃない

ダナーライトの廉価版で「ダナーフィールド」という商品があります。

とどろ
とどろ

価格はダナーライトのおよそ半額!!

生産国こそアメリカではありませんが、見た目はロゴの位置が変わる程度。

機能的にはダナーライトと変わりません。

コスパを求める方にはおすすめです!

ダナーライトは手入れも簡単。

ダナーライト ケアグッズ
普段はブラシのみ。革が乾燥してきたらクリームを入れます。

ダナーライトはドレスシューズのように磨き上げて履くような靴ではなく、傷や汚れも「アジ」として存分に楽しむブーツ

お手入れに気を遣うようなこともないのではないでしょうか。

そして傷に注意して優しく履くような靴でもありません。

ガシガシ履きましょう。

例え手荒に使ったとしても普段の手入れは、

「ブラッシング+防水スプレー」

で充分です。

他には、たまにアッパーの革が乾燥してカサカサになってきたら、クリームを指で塗り込んであげるくらい。

クリームを適度に塗り込む。
created by Rinker
¥1,980(2022/10/06 17:34:41時点 楽天市場調べ-詳細)

自己責任ですが、ナイロンの毛玉はライターで軽くあぶっています。

それくらいやっても全然平気。

手入れに関しては、後日別で記事にしようと思います。

注意

「ミンクオイル」は塗りすぎると革が柔らかくなりすぎます。型が崩れるなど、取り返しがつかなくなることもあるので、使用の際は十分ご注意ください

おすすめ:過去10数年、未来も10数年楽しめる靴

合計20年程楽しめるのではないでしょうか。

20年ですよ?

60000円だとしても、日割りすれば

60000円÷7300日=8.21円

8.21円/1日!!

とどろ
とどろ

なんと1日10円でおつりが来ます!

どんどん表情が変わっていくブーツ。

ナイロン部分の色は経年変化で色褪せていき、

革がドンドン育つ。

使いこんだ「ダナーライト」は他のワークブーツや、
トレッキングブーツとはまた違うカッコよさがあるんですよね。

育て方は履き方次第、ケア次第。

とにかく楽しみが多いブーツです!!

タイトルとURLをコピーしました