2021年 通勤に履きたいナイキはヴィンテージ顔のこの4足

スニーカー
スポンサーリンク

巷で流行しているナイキの靴は、きらびやかなデザインが施されたものが多いですよね?

例えオフィスカジュアルでドレスコードが緩くなってきた今日この頃と言えども

仕事に履いていくには気が引ける物が多いイメージがあります。

実はそんな「きらびやかな」なイメージのあるナイキですが、

過去の名作を復刻した物は、

非常にスッキリとしたデザインでスマートな物が多いんです。

シンプルなデザインなので手入れがしやすいという利点もあります。

そんな2021年に通勤でも使えるシンプル顔なナイキのスニーカー4足をご紹介します。

スポンサーリンク

NIKEの特徴と言えば??

ナイキと言えば、売り上げ高で3兆円を超える世界No,1のスポーツブランド。

商品の革新性のみならず、その販売方法に至るまで常に業界のトップに君臨し続けています。

そんな背景を持つブランドですから、やはりその商品ラインナップも実に個性的。

直近では足を靴に入れると同時に靴紐の締め具合を自動調節してくれる「ハイパーアダプト」

が話題となりました。

そんな尖がったことをデザインをするNIKE。

アーティストやアパレルブランドとも積極的にコラボレーションを行い、

「流行りのスニーカー=NIKE」

と言っても過言ではないほどのブランド力を持っています。

ナイキの弱点は?

ナイキの弱点は、ズバリ「定番を作り続けない」ところ。

今回ご紹介するものはナイキの中でも定番商品として

常にラインナップされていてもおかしくない

ようなアイコニックな物ばかりです。

adidasで言えばスーパースターやスタンスミス。

PUMAで言えばスエード。

他ブランドのこういった商品は常に店頭の棚に置かれている物ですが、

NIKEはそうはしてくれません。

おそらく来年には買う事が難しくなっているはずです。

個人的に大好きな「コルテッツ」も残念ながら終売となってしまい、

安くて軽くて疲れない。NIKE コルテッツのサイズ感と魅力
1万円以下で、軽くて疲れないうえにカッコいい。なんなら旅行用に多少潰れても大丈夫で汚れもアジになってリピート確定の、そんな最高なスニーカーってあります??とどろあるんです。AIRのタップリ詰まったスニーカーよ...

次の販売まで待たなくてはなりません。

ただし逆に言えば、数年後には街中で人と被る心配が少ないという事。

気に入ったものが有れば今のうちに購入して、大事に履き続けましょう。

シンプルな靴はしっかりと手入れをすれば

ヴィンテージのような風格が出てくるものです。

ブレーザー

革が馴染んできた時の雰囲気が最高にカッコいい「ブレーザー」。

ダンクやエアフォースワンと並ぶナイキのレトロバッシュの名作です。

とどろ
とどろ

ヴィンテージ市場でも高い人気を誇ります。

このブレーザーが有ったからこそダンクやAF1が生まれたといっても過言ではありません。

潔いほどのシンプル。

70年代にバスケットシューズへの本格参入を目論む?なかで作られた1足です。

過去にはストリートブランドとのコラボシューズとしても

使用されるほど人気の高かったブレーザーですが、

昨今の派手なシューズの人気にやや押され気味な今日この頃。

ある意味では人と被らずに済みます。

ただし、現在のダンクブームを考えると、

いつこの辺りに人気が派生してきてもおかしくないので今のうちに備えておきましょう。

チャレンジャー

先ほどのブレーザーに引き続きこちらも70年代の名作「チャレンジャー」

レトロランニングならではのボリューム感がたまらない1足です。

名前がすでに通勤靴に向いている気がするのは私だけでしょうか?

とどろ
とどろ

仕事を頑張れそうな名前ですよね!

柔らかなスエードとメッシュのコンビで1日を窮屈感なく過ごせる1足です。

70年代のスニーカーとは言え、元はと言えばランニングシューズ。

ミッドソールにはしっかりとした弾力性があり、

歩行も快適にサポートしてくれます。

とどろ
とどろ

靴紐を黒に変えても面白いですね

デイブレイク

またまた70年代からフォルムが非常に美しい「デイブレイク」

女性で履いている方はよくお見掛けしますが、

男性ではまだまだ少ないかと思います。

目の細かいメッシュアッパーと、ワッフルソールで

復刻物ながらすでにビンテージ感もあふれ出ています。

すっきりとした形状なのでカジュアルなジャケットスタイルならばっちりハマります。

とどろ
とどろ

スーツにはさすがに合わせられませんが・・・。

何よりその形状が非常に綺麗な名作です。

デイブレイク タイプ

先にご紹介した70年代のデイブレイクを現代風にリメイクさせた「デイブレイク タイプ」

ソールのワッフルパターンはそのままにより今風に仕上がっています。

最近のナイキはやりすぎなリメイクが多いような気がしますが、

これに関しては非常にシンプルにまとまっています。

再度のチビスウッシュがまるでエアマックス1のような雰囲気も醸し出していますが、

決して邪魔にはなりません。

デイブレイクに比べやや粗目のメッシュを使用しているので、

春~夏にかけて活躍してくれるでしょう。

定期的な手入れと防水スプレーは忘れずに!

履き込んだ表情がカッコいいレトロスニーカーとはいえ、

汚れて黒ずんでいるスニーカーは決して良いものでは有りません。

履く前の防水スプレーと定期的なお手入れは忘れずに行いましょう。

防水スプレーは撥水効果はもちろんの事、

汚れ防止にもなります。

1本は必ず持っておくことをおすすめします。

大容量で効果抜群のマーキープレイヤーは個人的に一番のお気に入りです。

通勤にはあっさりヴィンテージ顔のナイキが良くハマる。

最近の尖ったデザインも勿論カッコいいのですが、

シンプルな恰好や、オフィスカジュアルにはどうしても難しい印象があります。

それでもナイキの靴が履きたいそんな時。

是非70年代のナイキにフォーカスしてみてください。

シンプルなアッパーにスマートなナイキのスウッシュ。

足に馴染み始めた時のイナタさは現在のデザインとはまた違ったアジが有ります。

とどろ
とどろ

手入れはシッカリしましょうね!!

タイトルとURLをコピーしました