peak designの生涯保証 コスパが良いってこういう事

ファッション
スポンサーリンク

2018年9月に購入したpeak design(ピークデザイン)のエブリデイバックパック20L。

すでに購入から3年が経過。

名前の通り毎日の通勤で使用し、

背中の部分や、表面は傷だらけ。かなり劣化が進んでいます。

このバックパックは使い勝手が過去最高ですが、

この記事はこんな方へ読んで欲しい!

いまpeak designの商品の購入を検討している方。値段が原因でもう一歩踏み込めない方へ。

見た目の劣化が進んだため「そろそろ買い替えかな?」

と思っていたところでサイドフラップのジッパーが破損。

そういえばピークデザインって生涯保証だよね??

ということでこのバッグを購入したpeak designのホームページで修理依頼を行いました。

(国内で正規品を購入の場合は銀一株式会社での対応が可能です。)

注意

※アメリカのpeak design.comで購入した商品の場合、国内では並行輸入扱いとなるため、銀一株式会社では保証を受けることができません。

とにかくその対応が簡単、スピーディーで非常に気持ちよく

「こりゃすげぇわ」と思った次第なのでご紹介したいと思います。

内容は

  • 新しい商品を送ってくれる
  • 手元の商品は送る必要なし(今回のケースでは)

といったものすごいありがたい対応でした。

購入時にそれなりのお値段(バックパックで35,000円)を支払うことにはなりますが、

この保証対応があればコスパを考えても損をするはずがありません。

エブリデイバックパック(V1)の詳しいご説明はこちら↓

スポンサーリンク

今回の修理依頼品

2018年9月20日に購入したpeak design(ピークデザイン)のエブリデイバックパック(V1)。

今回壊れた箇所はこちら

サイドフラップのジッパー部分

サイドフラップ部分のジッパーです。

ちょうどカバンの形状に沿ってカーブがかかっている場所で、

フラップの開閉の際に力がかかりやすい場所。

ただ、その破損以外はまったく問題ありません。

たったこれだけのケースでも交換してくれるのかどうか不安でしたが、

その心配は杞憂に終わりました。

修理依頼は難しい?(アメリカpeak design.com経由での場合)

保証対応ページのスクショ

なんとなく難しい印象のある海外メーカーへの修理依頼。

ですが、ピークデザインの場合は非常に簡単そして速い。

すべてオンライン上で完結します。

「Takes 7 + min」(7分ちょっとで終わります。)

と書いてあります。

(私は事前の準備をしていなかったので30分ほどかかりました。)

修理依頼の際、事前に準備しておくモノ。

手順は非常に簡単。ホームページの案内順に沿っていくだけ。

(すべて英語ですが、長文はほとんどないのでGoogleの翻訳機能を使えばなんとかなります。)

下記のリストのものを事前に準備しておくとスムーズにすすみます。

  • 購入時の領収書 or 購入時のオーダーナンバーが記載されているメール
  • シリアルナンバー
  • 壊れた箇所の画像や動画

シリアルナンバーの場所

ものすごい見づらいです。

エブリデイバックパック(V1)の場合、向かって右側のフラップの中。

非常にわかりづらいので注意。

タグが2つありますが、大きいほうのタグです。

エブリデイバックパック以外の商品の場合でもどこにシリアルナンバーが記載されているかは

ホームページ上に記載されています。

シリアルナンバーの詳細ページ

どれくらいの期間で交換されるのか?

交換品発送完了のメール

海外とのやり取りというと「時差の関係」や「商習慣の違い」で、

非常に時間のかかる面倒な作業。

という認識でしたが、全く違います。

24時間でほぼすべてが終わりました。

私の場合ですが、ホームページ上で手続きを完了したのが日本時間の18時ころ。

翌朝にはメールが2通届き、その日の夕方には交換品発送完了のメールが届きました。

海外とやり取りをしている感覚にならないくらいすべてが早い

日本国内で通販をするのと変わらないくらいのスピード感です。

手元の商品はどうするの?

英語のサイトだとしても修理依頼は非常に簡単。

発送完了メールすらも翌日に届きました。

でも、

今手元にあるこのバックパックどうすんの??

発送手配がめんどくさそう・・。

なんて思っていたんですよね。

そんな時に、発送完了メールをよく読みなおすと驚きの一文がありました。

「返さないでいいですよ」の文面

”我々はいまのところ不具合のあるバッグを上手に再活用する方法を探っているところです。その活用方法が確立されるまで、まだ手元の商品が使えるのであれば使っていただいても構いませんし、お友達にプレゼントしていただいても構いませんし、使いたいように使っていただいて構いません。”

つまり「返さないでもいいですよ」ということです。

海外へモノを送る手間がないというのは非常にうれしいところですね!

※状況や商品の状態によって変わることが考えられます。必ず確認しましょう。

すでに生産終了の商品はどうなるの?

生産終了のeveryday backpack V1

今回私が依頼したeveryday backpack(V1)はすでに生産が終了しているモデルとなります。

こういった商品はすでにメーカー在庫もないはず。

交換といってもどういった対応がされるのでしょうか?

同等の商品との交換対応

今回交換商品として送られてくる商品は

everyday backpack(V2)となります

同シリーズの中で在庫のある商品との交換になるようです。

購入商品は1つなのに「旧商品(V1)」と「新商品(V2)」の二つを使える喜び!!

生涯保証をされている商品のうれしいところですね。

Warranty Claimの注意点

生涯保証といっても何でもかんでも新しい商品に換えてくれるわけではありません。

対応可能なのは商品の機能上、使用の際に差しさわりがある場合の故障です。

以下のような場合は保証対象外となります。

  • 故意の破損
  • 外装の傷やちょっとした破れ
  • ピークデザインが生産を外部に委託している商品(アパレル等)

まとめ 初期投資はなかなか。でも絶対に損はしない!

アフターケアのしっかりしているプロダクトは買って損しない。

それをまさに体現しているようなメーカーだと改めて実感しました。

確かに製品自体はお手頃価格とは言えません。

(※バックパックの国内価格が35,000円程)

ですが、使用感は文句の付け所がないほどよく、

日常のストレスが大幅に軽減されるうえに、

故障の際の対応も迅速。

一生ものだと考えれば安すぎるほど。

生涯保証なので大げさじゃありません。

今回はアメリカの「peak design」とのやり取りの結果をご紹介しましたが、

国内正規販売の商品に関しては国内代理店の銀一株式会社でもアフター対応を行っています。

英語でのやり取りが心配な方は、

並行輸入品ではなく、国内正規品を買うことをお勧めします!

タイトルとURLをコピーしました