レッド・ウィング ポストマンシューズのサイズ感をお伝えします。

大好物な靴のお話
スポンサーリンク

レッドウイングのポストマン。

気になるけど近くに試着のできる店舗がない・・。

そんな方に向けて、筆者の感じたサイズ感を他のスニーカーや革靴と比較してお伝えします。

この記事ではこんなことを紹介します。
  • ポストマンのサイズ感
  • 他の靴(スニーカーや革靴)との比較

結論から言うとこの靴はかなり大き目。

普段履いているスニーカーから、

0.5~1.5サイズを下げる必要があります。

もしあなたがamazon prime会員なら

もしprime会員ならamazon の
Try Before You Buy」サービスを使うのもおすすめ。無料(送料込み)で6点まで試着可能。詳しい使い方はこちら

ポストマン 着用画像 上から
履いて、ブラシをかけて、からぶきをする度に表情が変わります。

購入直後の履きならし期間に関しては別に記事を書いています。

とどろ
とどろ

履きならしが終わるまではなかなかの修業期間でした。

履きならし期間についてはこちらへどうぞ。

とどろ

元々カナダでお店専属の古着ピッカーをしていました。
現アラフォーのサラリーマンです。これまでに過去に所有した靴はスニーカー、革靴を問わず百数十足。
楽ちんなことには目がありません。

とどろをフォローする
created by Rinker
¥38,500(2022/05/27 06:33:21時点 楽天市場調べ-詳細)
スポンサーリンク

レッドウイング ポストマンのサイズ感

サイズ選びのコツについて、レッド・ウィングのオンラインストアには以下のような記述があります。

レッドウイングオンラインストアより引用

レッド・ウィングのサイズ選びに関して

レッド・ウィングのシューズは、一般的なスニーカーに比べ大きめにつくられています。
また、各ラスト(木型)によって、同じサイズ表記でもサイズ感覚や履き心地は異なってきます。お客様の好みにもよりますが、普段お履きのスニーカーサイズより小さいサイズを選択することをお勧めいたします。

レッド・ウィング オンラインストアより引用

ここが大事ですね。

「 各ラスト(木型)によって、同じサイズ表記でもサイズ感覚や履き心地は異なってきます。 」

とどろ
とどろ

つまり、定番の「6インチMocToe」と「ポストマン」では同じサイズ表記でもサイズ感が異なることがある。ということですね。

筆者の実感「ポストマンのつくりは大き目」

ポストマンのサイズ感は大き目。

ポストマン 近距離画像
購入直後のポストマン。まだ履きジワもツヤもほとんどありません。

さて、実際に購入した筆者としての実感ですが、公式サイトと同じ見解です。

とどろ
とどろ

大き目です。私の場合ですが、普段吸履いているスニーカーに比べて1サイズ~1.5サイズ下げて履いています。

筆者の足について

私の購入したサイズはUS8(26.0cm)です。

普段履いている靴下はWIGWAMの厚手のソックスです。

下の画像は私の足をZOZOMATで計測したものになります。

筆者 足 データ
筆者の足データ(ZOZOMATでの計測結果)

この足で計3足を試着しています。

※試着の際も WIGWAMの厚手のソックス を着用。

  • US7.5(25.5㎝)→ 明らかに小さい
  • US8(26.0cm)→ 小さいかも?
  • US8.5(26.5cm)→ 明らかに大きい

US8.5についてはかかとが抜けそうになるレベルで大きかったため、
今後、馴染んできたときの事を考えると明らかに大きすぎ。

そのため、「少し小さいかな?」と感じたUS8を購入。

つま先が当たるようなことはなく、小指の側面に少し圧を感じる程度でした。

結果しっかり馴染み、購入から1月たった現在では小指に圧を感じることもありません。

他の靴との比較

それでは私の普段履いているほかのスニーカーや靴と比較してみます。

比較画像
ポストマン(中央)。靴内部のかかと部分を同一ラインに合わせると、おおむね同じようなサイズになります。

「ニューバランス」と比較すると 1サイズダウン

「ナイキ」と比較すると 1.5サイズダウン

「クラークス」と比較すると 同じサイズです。

とどろ
とどろ

こうして一覧にしてみるとサイズ選びにかなり幅がありますが、
幅広甲高なのでナイキやPUMAは足長に対してかなり大き目のサイズを選ぶ傾向にあります。

筆者の他の靴の詳しいサイズ感に関してはこちら

created by Rinker
¥38,500(2022/05/27 06:33:21時点 楽天市場調べ-詳細)

注意点:ヒモがとても緩みやすい。

ポストマンに使われている靴ひも。ものすごく緩みます。

つま先から足首にかけて丁寧に引っ張っても、ひどいときには200mほど歩いただけで緩んでいます。

靴ひも
交換前のヒモ 

これがストレスで、「自分のだけかな?」と思ってSNSなどで見てみると、ほかの方もかなり「ヒモが緩みやすい」と言っています。

せっかく足に馴染んできてもヒモがゆるんでしまっては台無しなので、先に靴ひもは準備しておいてもいいかもしれません。

80cm前後のものを準備しておけば大丈夫。

  • 細め → ドレス寄り
  • 太目 → カジュアル寄りです。

いまはロウ引きのひもを取り寄せ中。

とどき次第画像をアップします。

追記:ヒモを変えました。

あまりにもほどけやすい紐がストレスだったので、ヒモを変えました。

結果、ストレスがなくなりました。

this is..の蝋引きシューレース

純正に比べて少し太めのシューレース。そして色は緑に変更しました。

靴紐がほどける心配がなくなったのは当然ですが、少し太めのヒモにしたことで、よりカジュアルな服装に合うようになっています。

今回使用したのは、ゴム製のシューレースでもお世話になっている「This is..」のもの。

カラーが8色から選択可能です。

まとめ 普段履いているスニーカーからはサイズダウン必須

本当に面白い靴です。

とどろ
とどろ

履くたびに変化していく表情が面白くてしょうがない。

購入から毎日のように履いています。

購入時には試着を強くお勧めします。

ですが、どうしても近くに試着のできる店舗がない。

そういった時にはこの記事を参考に普段履いているスニーカーからサイズダウンして
購入していただければと思います。

もしくは先にも書きましたが、amazonの
Try Before You Buyにポストマンがあればそれで試着をすることもできます。

かなり入荷が不安定になっているようなので、
サイズが見つかれば早めに購入することをお勧めします!

created by Rinker
¥38,500(2022/05/27 06:33:21時点 楽天市場調べ-詳細)

タイトルとURLをコピーしました