「2021年に購入した靴」を、よく履いたランキングでご紹介。

スニーカー
スポンサーリンク

いつも無地のシンプルな格好を好んでしている30代後半の筆者が、
2021年に購入した靴を、「よく履いた順」にランキング形式でご紹介します。

今年は全部で12足(内2足は失敗)。

あまり靴は増やさないようにしていますが、
なんだかんだで月に1足ペースです・・。

とどろ
とどろ

来年は減らします・・。必ず・・。

止まらない物欲に抗うために反省の意味もこめてこの記事を公開します。

スポンサーリンク

第1位 SALOMON XA PRO 3D GTX

雨の日用に使用していたasicsの「GEL FUJI TRABUCO GTX」が
梅雨時期に酷使したために破れてしまい、その後継者として購入。

この靴はGORE-TEXを搭載しているので、
もちろん防水性と透湿性に優れている防水シューズです。

という理由で、雨の日ように購入したこの靴ですが、
デザインが良い上に、「クイックシューレース」で脱ぎ履きがとにかく楽。

なので、気づいたらいつの間にか足を入れている靴になっていました。

とどろ
とどろ

本当に買って正解でした!

頻繁に靴の脱ぎ履きをする方には特にお勧め。
街中での履き心地も申し分なし。

以外とキレイ目な格好にも合うところが高ポイント。

第2位 adidas samba

2位はアディダスの「サンバ」

芝生の公園でピクニックをするときに、
サッカーのリフティングができるような靴が欲しくて購入。
(ガチです)

ですが平日の仕事の時(特に夏)にもよく履きました。

チノパン、ポロシャツには何の違和感もなく収まってくれるスニーカー。

手入れをすれば革に照りが出てくるのも好ポイント。

「手入れしてますよ!」ってのをアピールできるスニーカー。

とどろ
とどろ

足元は見られてますからね!

40年近く生きてきて、「あ~samba欲しい!」
と思うことが数回あったんですが、欲しい時に限ってないんですよね。

今年もひさしぶりに「あ~samba欲しい!」
という気分になってきたとき、amazonで発見。

「今回こそは買う!」という事で無事購入。

第2位のsambaでした。

第3位 asics GEL QUANTUM 360 6

第3位はアシックスのゲルクァンタム360 6。

東京オリンピックでも選手がユニフォームとして着用していた1足ですね。
そして私的履き心地歴代NO,1「GEL QUANTUM 360 5」の後継機でもあります。

GEL QUANTUM 360「5」は子供と外遊びをする際には必ず履いていたので、
すでにボロボロになってしまいました。

そこで購入した今作の「6」も同様で、
街中や公園で走りまわる娘を追いかけるための靴となっています。

ソールユニットが前作と同じなのでもちろん履き心地は秀逸。

アッパーのデザインがメッシュの1ピースというのは
前作と同じですがより軽量化をされている印象。

私が購入したカラーはソールが90年代のトレッキングシューズのような
パターンになっていて一目ぼれ。

このシリーズは、子供が大きくなって
一緒に遊んでくれなくなるまでは定番で買い続けると思います。

とどろ
とどろ

とにかく膝、腰に優しい1足です。

第4位 asics GEL KAYANO TRAINER 21

2021年の私的ランキング総合1位はこの靴ですが、
よく履いたランキングでは4位がこの靴。

アシックス ゲルカヤノトレーナー21

定価で18,000円と高価な部類に入るスニーカーですが、
買って納得、履いて納得。

とにかく質が良い。

GELが搭載されたソールはもちろん、
スエードで構成されたアッパーの質が非常に満足な出来。

ネット通販で購入するときは、
「ちょっと高いな・・・」

と思っていたのですが、手元に届いてそんな気分は吹き飛びました。

アッパーがヌバックなので夏は少し暑いですが、
短パンに合わせたくてよく履いていました。

何かおすすめのいい靴ない?

と友人に相談されたら真っ先に紹介する靴です。

第5位 new balance 990V3

ついに今年復刻されたnew balanceの「990 V3」
もったいなくて頻繁に履けないというのが理由で第5位です。

これまでは過去に購入したものを長い間はいていましたが、
今回の復刻でようやく新しいものを1足確保。

グレーは争奪戦だったので、今回の復刻での入手は不可能。
ところが黒と、ネイビーはなんの争奪戦にもならず普通に購入できました。

やっぱりnew balanceのグレーは人気ですね。

とどろ
とどろ

黒もカッコいいですけどね!

数年ぶりに真新しい990V3に足を入れると、
これまで履いていたものがいかにヘタって来ていたのかを実感。

本当に不思議な履き心地の良さがある靴ですね。

大事に履いていきます。

第6位 adidas superstar ADV

つま先のシェルトゥーまで真っ黒なスーパースターに、
ぶっとい白のシューレースを通して履きたくなり購入。

まだまだこれから履いていく靴なので6位

これまでスケートラインのスーパースターは
履いたことがありませんでしたが、
スリッポン仕様になっているので、
緩めに靴ひもを結んでも歩行に支障が出ないのがありがたいところ。

ファットシューレースは緩めに結ぶことが多いので、
履き心地という意味ではスーパースター80’sよりもこの靴のほうが
ファットシューレースとの相性はいいです。

履き心地もスケート仕様ということで、
少し改良されています。

とどろ
とどろ

インソールが通常のスーパースターとは別物です

第7位 BIRKENSTOCK ZURICH

夏だけで考えればよく履いたランキング3位には入りますが、
通年で考えるとランキング7位「ビルケンシュトック チューリッヒ」。

私はモートン病の為、ビーチサンダルやシャワーサンダルは
足が痛くて履けません。

ですが「それでも夏はサンダルが履きたい!」

ということで購入。

家の中ではAKAISHIのスリッパをはいているのですが、
これだと不思議と足が痛くならない。

それなら、AKAISHIとインソールの形状が似ている
「ビルケン」なら足が痛くならないのではないか?
と思ったのも購入した決め手。

普段からビルケンのインソールは使っているので
あの独特な履き心地も特に違和感なく着用できました。

短パンシーズンのとにかく楽な格好をしたいときに役だちます。

チューリッヒのレビュー記事は書いていないので、
代わりにインソールの記事をどうぞ。

第8位 REDWING POSTMAN

2021年の12月になってランキングに滑り込んできたREDWINGのポストマン。
購入してまだ間もないですが第8位にランクイン。

オンの日でもほとんど革靴を履かなくなって約2年。

コロナ騒ぎが少し静まり、
日常が戻ってきたタイミングでやはり革靴が必要になってきました。

外回りの仕事のため、足に優しい革靴が必要になっての購入です。

仕事用と割り切って買ったのですが、
久しぶりに革靴の世界に引き釣りこまれそうなほど気に入っています。

とどろ
とどろ

この靴を買ってから、他の革靴の着用頻度も上がっています!

購入から1週間は連続で履きならし。
ブラッシングを欠かさずやっていると、
革の表情も履き心地も変わってくるんです良いね。

2022年はランキング上位間違いなしの成長株です。

詳しくはこちらへ

第9位 NIKE BLAZER MID

2021年の年始に大きなスウッシュが入ったナイキの靴が欲しくなり、
なかば衝動買いで購入した定番の「ナイキブレーザーミッド」。

ですが履く機会は残念ながら少なく第9位。

履き心地は決して良くはないことに加え、
履き口が極端に狭いので、割とストレスのある靴。

だからどうしても出かけるときに出番が少なくなってしまいます。

ただ、購入時からそんなことはわかっていました。

それでもなぜか欲しくなるのがブレーザー。

シンプルなくせに、大きなスウッシュでインパクト大。

個人的にはアディダスのスーパースターと通じるものがある、
確固たるバックグラウンドをもつ1足です。

そんなところが好きな理由。

第10位 adidas stansmith

2021年になって、急に本革のものがなくなると発表されたスタンスミスが
第10位です。

本革の在庫があるうちに急いで確保した1足。

好みはひとそれぞれですが、「スタンスミス」はレザーであってほしい。
という人間からすると今回のアップデートはショックでした。

今後はSDGsの流れとともにこういったアップデートがなされていくんでしょうね。

現在は以前から使用しているスタンスミスCFがまだまだ現役のため、
それがお役御免になったタイミングでこのスタンスミスには登場してもらいます。

なのでまだ1度も履いていません。
現在はタンスの肥やし状態ですが、将来に履くための保管用です。

出番は確実に回ってきますが、いつになるかはわかりません。

とどろ
とどろ

妻には「無駄な靴」と怒られました。違いますよね!!

失敗編

今年買った中には、購入したものの、
日の目を浴びることなく他の方の手に渡ったものもありました。

決して靴が悪いわけではありません。

私のサイズ間違い、勘違いが大きな理由。

そんな2足もご紹介。

ビルケンシュトックブーツ

今年の失敗第二弾。

やはりビルケンはサイズを間違えると履けません。
サイズ選びにはご注意ください。

フィッティングの際、足をインソールのサイズに合わせたところ、
靴の甲が低くて、甲高の私の足は入らない。

ハーフサイズ上げたところ入る。

だからハーフサイズ上げて購入。

ところが実際に歩くとビルケン特有のインソールの凸凹が、
足のへんなところに当たってしまい、痛くて歩けない。

一度15分ほど外で使用したのみで人の手にわたりました。

ほんとにフィッティングの重要性を痛感した1足。
高い勉強代でした。

とどろ
とどろ

チャッカは好きなんで本当に残念なことをしました。

asics NOVA BLAST SPS

個人的には失敗した1足。

購入後1度も外で履くことなく他人の手にわたりました。

おそらく足に何の問題もない方であれば、
フカフカのソールで非常に履き心地の良い靴だと思います。

膝腰には優しい厚底ソール。

ところがモートン病の私の足には柔らかすぎた。
履いた瞬間に足に合わないことがわかり、
涙を呑んで箱にしまいました。

通販で買って大失敗したパターンです。

デザイン、色がとてもキレイで、本当ならGEL QUANTUM 360と交互に履きたかったのですが・・。

とにかくもったいない思いをした1足でした。

とどろ
とどろ

初厚底でしたが、足に合わず残念。ですがお渡しした方はこの履き心地を非常に気に入っておられました。

2021年の購入した靴 まとめ

なんだかんだでアディダスが3足、アシックスが失敗も含めて3足と、
例年と似た購入記録になりました。

好きなものってそんなに変わらないですよね(笑)

レアなものは1足もなく、割といつでも購入可能な、
定番品ばかりを買っているのも例年通りです。

個人的にはレッドウイングのポストマンの購入以降、
革靴、ブーツ熱が徐々に来ているので、来年の結果は今年とは異なるような気もしています。

まずはあるものを大事に履いて、購入はじっくり検討してから。

とどろ
とどろ

そういう大人な買い物をできるように頑張ろうと思います!

タイトルとURLをコピーしました